月と海の間で

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

アンビエント ミュージック

youtu.be

コンポーザーの ジム ウィルソンが コオロギの鳴き声を録音し 

再生スピードを ゆっくりにしたところ 人間が コーラスをしている

のと そっくりな音だということを 発見。

イギリスの マルチインストゥルメント アーティスト デヴィッド コウルターが

その コウロギの鳴き声に ノコギリを使った 演奏を 重ねていきます。

こうした アンビエントな音に 包まれると 脳波が 自然に 瞑想状態に

近づいていきますね。

自然から 繰り出される音は 私たちが 意識を開いて 聞くならば 実は 

いつも 交響曲のような音楽を 奏でているのかもしれません。

そして それにより さらに 意識が 高いところに 上りつめる。

クラシカルミュージュックに 携わった 過去の音楽家たちは 実は そうした

音を 聞いていたのかもしれません。

 

私たちの暮らす 自然に囲まれた環境は 実は 私たちの 魂の成長を 支える

ように デザインされているのだと思います。

が 人類は今 そこから 遠く離れたところを 歩いています。

 

youtu.be

 

Have a wonderful day!