月と海の間で

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

深さ 

youtu.be

目をつぶって 上の歌を聴くと 長い髪の女性が サテンのドレスを着て 

ヒールを履いて ステージに立っているイメージが浮かぶ。

それは これまで 歌唱力のある 女性ヴォーカリストは 大抵 そのような

ステージ衣装で ステージに立っていた記憶があるからだ。

が 目を開けると そこには 裸足で ショートヘアーの ラフな格好をした 

k.d.がいる。

人間の目は 基本的には 見たいようにしか ものを見ない。

お昼過ぎに 海から帰ってくると 玄関前の コンクリートのところに 蛇の

ような生き物が じっとしていた。

ハワイには 蛇はいないので どうしたものか?と思い 近づいて ようく 見て

みると 2匹のトカゲが噛み付き合っている(キスしてたの?)。

写真を撮ろうと思ったが 近くまで行くと 逃げられた。

体の色が 周囲と ブレンドするので よく見えなかったのと 爬虫類系で

長いものといえば 蛇が記憶にあるので 蛇と錯覚したのだ。2匹のトカゲの

体長は 合わせて 約40cmぐらいだった。

 

先日 エンジェルが オフィスに来た時 近況報告の中に 最初に結婚した相手が

今 オアフ島に来ているけど 彼氏と一緒なのという話があった。

それを聞いた時 私は 「あら、そう。それは良かったことだね。」と 答えた。

すると 彼女は 私の反応が みんなとは 違うので 私が 聞き違いを した

のだろうと思い 再び 同じ話を 繰り返した。

それで 私は また 同じように答えた。

昔 関係を持った相手が もしも 一人で 訪ねて来たなら 食事に付き合わなくて

いけないのではないか?とか 電話がきたら 話し相手をしなくてはいけないのでは

ないか?とか 煩わしいと思いながらも しなくてはいけないことが あるかもしれ

ない。

が、すでに 次の相手ときているなら 自分の時間を 煩わされることがないので  

自由だという意味で 良かったことだねと言ったのだった。

彼女にしてみれば 私が ゲイにオープンだということは 想像していなかった

ことなのだろう。私に 「え〜! そうなの? 男同士?」とかなんとか ありがち

な 反応を 期待していたのだ。

それで 彼女に言った。

「ゲイコミュニティーが 今 どんどん 大きくなっているのは 地球が 女性的な

エネルギーを求めていることの 現れなんだよ。

これまでは 男性的エネルギー あるいは 男性ホルモンに 世界は支配されていた。

だから 地球が バランスを 取り戻すためには 男性が 女性的になるのは 自然

なことなんだよ。」

本来 男性も 女性も 両方の エネルギーを 持っている。

が 信念体系により 女性や 男性は イメージに沿って 作られてきた。

男の子は こうじゃなきゃとか 女の子は こうじゃなきゃとかいうのは 単に

作られた 世界であって 本来 あるべき世界からは かけ離れた 狭い世界だ。

そして その狭い世界を 信じ込むことで 私たちは どちらかの エネルギーを 

ブロックし 社会の枠にはまることで いい子を 演じてきた。

が その結果が 環境破壊であったり 終わらない戦争だ。

これは 私が 勝手に 思っていることなのだけど 地球は 私たちの意識に 

働きかけても 自らの バランスを 保つ方法を 知っている。

だから ゲイや ホモセクシャルを 差別することは 全くのナンセンスでしかない。

モラルとか 常識とかのレベルで こうした 現象が 起こっているのでは ない

からだ。

そうした見方ができると 差別行為など 行えない。

何しろ 地球が 生死をかけた 究極の アイディアが それだからである。

 

人間は ほとんどの場合 物事を あまりにも 感情的に 理解しようと

してしまう。

が 物事は 実は もっと 高いところ 深いところから 降りてきている場合が

多いのだ。それを 個人の都合や どうでもいいような感情に 振り回されると

本来の意味が 見えなくなる。

かといって 感情を ブロックすることが 決して いいわけでもない。

人の心は 動くことによって 浄化作用が 起こるからだ。

 

youtu.be

上の動画と 下の動画は レナード コーエンの カバーだが 

彼女の ヴァージョンが 一番好きだ。

2010年に オリンピックの開催式でも 彼女が ハレルヤを 歌っているの

だが そのステージでも 裸足だった。

一見 正式な場で 裸足はと 思われるだろう。

それを 通した 彼女も凄いが 受け入れた側も 凄いと思ったものだ。

ちなみに 私の 大好きな ピアニスト ジョージ ウィンストンも 演奏の時は

いつも 裸足だ。

足には 実に たくさんの関節がある。それは でこぼこ道を歩きながらも

微妙な角度に合わせ バランスが うまく取れるような デザインになっている。

裸足で 枯葉や 砂の上を歩くのは 気持ちがいい。

眠れない人は 足をマッサージするだけで リラックするできから 是非 試して

見て欲しい。

足が 型の中に入れられていると 頭蓋骨の動きまで 狭くなる。

暑い季節がやってきた。できれば たまには 素っ裸で寝てみるといい。

慣れない人は 逆に 締め付けのない感覚に 不快になるかもしれない。

不自由も慣れてしまえば 感じなくなる。

人間が 常に 新しいものを 求める根底には そうした 慣れから来る 危険を

回避しようとする 働きがあるのかもしれない。 

 

youtu.be

美しいものを 創り出す人たちは皆 どこか 男性的で 同時に 女性的でもある。

それは そもそも 創造というエネルギーは その相反する 二つのエネルギーの

絡み合いの中から 生まれてくるからなのだろうと思う。

 

Have a wonderful weekend!