月と海の間で

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

スローな乗り物

f:id:moonandoceanhawaii:20170615163212j:plain

ようやく シーズンオフに入り 昨日から 板を変えている。

これは シングルフィンと 呼ばれる クラッシックなタイプのもの。

シーズン中は スタンダップサーフィンで フィンが4つついた 短い板を

乗っている。スピードと マニューバーが 重視だ。

 

どちらも 好きだが どちらか一つと言われたら やはり シングルフィンを

選ぶ。

フィンの数が多いと フィンにサポートしてもらえることが多いが シングルフィン

だと 自分が しっかりと コントロールしていかなくては行けない。

それに シングルフィンだと ゆったりとしたサーフィンができるし ノーズまで

歩いて 手を広げると 鳥のように 風を感じることができる。

音楽で言ったら エリック サティの ジムノペティを 35%ぐらい スローダウン

したのが この板で 波に乗る時のリズムだ。 

この板のデザインは わたしの 最も 尊敬する サーファー 

ジョエル チューダーが デザインしたもので 安定感、回転性ともに優れている。

これが壊れたら また同じものを作ってもらうだろう。実際 これは2本目のもの。

この板に乗れる 夏が大好きだ。

 

youtu.be

 

外は 雷と雨。今夜は 深く眠れそうだ。