月と海の間で

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

おじさんと スクリーンショットと サーファーガール

f:id:moonandoceanhawaii:20170611144838p:plain

 

72歳になる 波乗り仲間が 今朝送ってくれた スクリーンショット

波乗りを終えて 車に戻ると 携帯に メッセージが届いていて wavecam(ウェーブ

キャム)に 君が映っているから スクリーンショット送るねですって。

本当に私かどうかは 小さすぎてわかりません。

私は 未だに スクリーンショットの撮り方が 記憶できないから おじさんが 

カウチに寝そべって 波を チェックしながら あ〜 映ってるよ〜って パシャって

した瞬間が 想像できて なんだか笑えました。

 

話は それますが 以前 隠し撮りをするおじさんがいて 私が 波乗りを終えて

駐車場に戻るときに 木の影に隠れて 写真を撮っているのですが 木が細すぎて

おじさん 全然 隠れてませんでした。

でも 本人は 私からは 見えてない世界で レンズを こちらに向けていると

思っているのです。からだが 木から はみ出していても 本人は 隠し撮りの

スリルを 存分に 味わったのでしょうね。おじさんって 面白い 生き物です。

 

ここ数日 ハリケーンが近づいているときのような 蒸し暑さです。

昨日は 風が とても強かったし 今日は 曇り時々雨です。

その 低気圧のせいか この時期には珍しく そこそこ サイズのある波(画像では

小さいですが)にありつけましたが モーニング シックネス(つわり、波のある日の

早朝に コンディションが 荒れ気味なことを こう呼ぶ)もひどく 2時間ぐらい

で 上がりました。

今朝の海は 8歳から66歳と かなり 幅広い年齢層が集まりました。

共通していることは 当然 ”波乗りが大好き”という 気持ちです。

 

私が この惑星に 途中下車したのは やはり 波乗りするためだったのだと

思います。