月と海の間で

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

来た

f:id:moonandoceanhawaii:20170527114938j:plain

 

iTunesからは 購入できなかった アルバム。(海外からはダメでした)

さっき 甥にあって 受け取りました。

CDの色が 私の編むポンチョの色のようで とても気に入りました。

素敵なデザインです。

外で食事をした後 ホテルに 彼と彼の家族を下ろし 信号待ちで CDを

カーステに入れると ちょうど 雨が降ってきて ワイキキや アラモアナの 

ビルの群れや 少し渋滞した通りを走りながら ドラマチックに 歌が始まり

ました。

 

日本のCDの楽しみは ライナーノーツ。

歌詞とともに 幾つかの詩が 書いてありました。

私的には 化粧をしない そのままの方が、Tシャツに ジーンズで 裸足の方が、

実は かなり魅力的な 写真が撮れるような気がします。

化粧で作られる 影よりも 自然の彫りからくる 影のほうが 見えない言葉を

たくさん 語ってくれそうです。

 

一番印象に残ったことは たくさんの 本当にたくさんのことと ディールしながら

ここまで来たねということでした。

たくさんの角度から 表現された気持ちや たくさんの情景や そういうものを

余すことなく ここに載せたという感じです。

余すことなくと言いましたが きっと このCDに 入りきらずに 次の

アルバムで 表現されるものも あるのでしょうが。

 

ASKAさん 本当に お疲れ様でした。

これからは サボりながら 音楽 楽しんでください。

(サボってる時間の中で 実はいろんな変化が 起こっているんです)