読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moonandoceanhawaii’s blog

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

Thank you for leave me alone.

youtu.be

 

10代から ずーっと感じていたことは 自分の中に 男性性と女性性が同時に

存在しているという感覚でした。

それは 女の体で生まれた私が 男装したい傾向にあるとか 女性に恋してしまうとか

そういうことではなくて 何かもっと その奥にある部分で そうなのです。

女性に言い寄られると 私の男性性の部分が バランスを崩し 男性に言い寄られると

私の 女性性の部分がバランスを崩し 部分と言いましたが それはもっと何か 目に

は見えないエネルギー的な部分でということですけど(エネルギー見える人もいます

ね)。白と黒の勾玉が組み合わされた模様を 陰陽という言葉で 表現しますけど

それが自分の体の中では 男性性と女性性のような感じといえば わかりやすいでしょ

うか?(もっと 複雑になっちゃいました?)

男性性とは 表面的な逞しさで 内面は不安を感じたりします。

女性性とは しなやかな表面と 頑丈な内面を持っています。

が 決して いつもそうなわけではなく 女性性の部分で 不安を感じることもあれ

ば 男性性の部分で 強い内面を持つときもあります。

どちらも 包み込んで 包まれてという特性を 持ち合わせ それは 相手のエネル

ギーによって ダンスの仕方が違うというか 出てくるものが違うというか、ハワイに

は プアケニケ二という花があるのですが 花の色が 白から黄色、オレンジに 変わ

ります。ずっと 同じではない。自分のそんな感じです。

そんな状態ですから 私の周囲で ながいこと 友人関係を保っているのは 皆 似た

ような種です。中性的であり 両生類のように 水陸どちらでも 順応できる。

そういう人たちは 大抵 海や山のリズムで生きているので スケジュール表の スケ

ジュールはあくまでも予定であり 最終的なものではありません。

でも それでも 大丈夫なのです。波次第 山次第なのですから。

ですから 大抵は 一人で過ごすことが多いです。

知り合いが 同じところで 波乗りをしていても 挨拶する程度で あとは 波乗りに

集中します。同じ波は 二度と来ないので 思った時に 乗らなくてはいけません。

食事は しゃべらずに ゆっくりと食べたいので 一人が楽です。

私を 知る人たちは皆 そんな私のことを わかっていて 無理やり誘い出すようなこ

とをしません。が 知り合ったばかりの人たちは そういう私を知らないので 押し

が 強かったりします。無理やりほど 居心地の悪いことはありません。

どうせ 僕のことを見て見て君や 一人じゃいれないから付き合ってさんなので 丁寧

に断ります。

「I'll appreciate if you can leave me alone. 」

ほっといてくれたら 感謝するよといいます。

でも 見て見て君や 一人じゃいれないさんは 最初 この言葉の意味を 読み取れま

せん。ただの ほっといてじゃ強すぎるので 感謝という言葉を そこに入れるので

す。

「一人にしないで」と言われたら 男も女も ほろっとしちゃうのかな〜?

私は ほっといてくれてありがとう!と よろこんで 言っちゃいます。

 

自分との対話、自分と向き合うのが 何よりも好きなんです、きっと。

 

社交性のないことは 決して 病気だとは思っていません。

それは あくまで 選択です。特に 他人のエネルギーや振動に 敏感な若い世代が

増えているのは 敏感でないと 破滅に向かうことからの 宇宙からのサインだと思っ

ています。 

アレルギーも ある意味 抗体が 過敏に反応して起こりますよね。


鈍感なままでは 人類は 地球を破滅に追い込んでしまうのです。

地球を感じるためには 繊細さが必要なのです。

だから 私たちの 心身の反応 時代に見る 心身の特徴は 宇宙のリズムに

あっているのです。