読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moonandoceanhawaii’s blog

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

雑談の続き

そういえば 311の後 ネットはますます 危険になっていった。

パソコンの 翻訳機能を使って 海外のニュースをブログで紹介する人が

増えたが そのニュース自体が 信ぴょう性の低いものが多く そういうことは

現地で暮らしていないと わかりにくのだろうと思うが それを読んだ 日本の

人たちが そのまま 信じてしまうのだろうな〜と 少し 悲しい気持ちになった

ことが多かった。

そんな中 フレンズを歌っていた女性歌手の お兄さんの ブログに行き当たった。

それで 思うことがあり コメントを残した。

記憶に間違いがなければ 彼には 彼を神のように思う フォロワーが 何人もいた

と思う。3度目ぐらいに 残したコメントの後 その人は 自分のブログ上で 私を

バッシングしていた。が 数日 アクセスしていなかった私は全く知らず その様子

を 心配したある読者の方が メールで知らせてくれたのだ。

それで そのブログを見に行くと 全くの勘違いから 彼が怒っているのがいるのが

伺えた。ようは 言葉の終わりの抑揚が 質問系で上がるのに対し 彼はそれを 

命令形と 捉えたのだった。

私には こちらの 日本人向けの ラジオステーションに 知り合いがいて 彼が

ハワイに数ヶ月後に くるかも?と言っていたので 無駄足にならないようにと 

ラジオの出演を ステーションに 伺っている時だった。

別に そうしてくださいと 言われたわけではない。が ミュージシャンとして 

活動しているなら そういう話があってもいいだろうと思ったし ステーションでも 

直接 本人に出演してもらえるなら それは嬉しいに違いないと思ったからだ。

それに どんなに お金を持っていても 出演料が旅費の足しになるなら それに

越したことはないだろう。

が 彼は 自分の ブログのコメント欄に 私が 上から目線で 彼に命令形で 

ものを言ったということに 非常に腹を 立てているのだった。が 冷静に読んでいる

人たちには 私の 言わんとしたことが ちゃんと伝わっていた。

だから 心配で メールを送ってきたのだ。

 

 

それで その怒りのエントリーのコメント欄に 先日の私のコメントをペーストして

それが どういう意味なのかを 説明した。そして 最低 コメント欄で 確認して

もらえたら もっとわかりやすいように 説明できましたというようなことを 書き残

した。

すごく 単純なことなのだが 怒る人たちには 些細なことでも 引き金になる。

言葉を 最後まで きちんと読んで理解しないから こういうことが起こる。読んで

も 自分の感情で意味を捉えるから もっと厄介なことになる。

ハートで 受け止めていないのだ。頭だけで判断している。

だから 争いになるのだ。

戦争が いかに簡単に始まるのか こういうことを見ても わかるだろう。エゴ それ

だけ。

切れやすい人たちは 大抵ストレスから 肝臓が疲弊している。

そこにもって アルコールは さらなる負担だ。

肝臓機能の停滞。それが 人を怒りっぽくする 根本的な理由だ。

勘違いから バッシングをしたことに対しては なんのレスもなかった。

が 数人の彼の読者が そういうことだと思っていましたという 思いやりのメールを

くれた。外野は 冷静だ。

 

ネット上での交流は なんでも話すが 直接言葉をかわすわけではない。

ケーブルさえ契約していれば WiFiさえ使えれば 簡単につながれる。

だからこそ 危険も多い。

昨日の話ではないが チューブから出てしまった 歯磨き粉は中に戻せない。

出てしまった言葉も 取り返せない。

大人なら 発言には そうした注意が 必要だ。

自分はこれだけ知っているからと 口を滑らせたら最後。

単なる 勘違いから 間違った人を 攻撃していることも多い。

 

そういえば 最近復活した 歌唱力が凄まじい 60前のあの歌手の 

動画に 誹謗中傷してやろうとおもったけどという始まりで 最終的には

歌の出来に 参りましたという内容のコメントを いくつか見かけた。

日本に限ったことではないが 自分とは全く無関係の相手に 誹謗中傷というのは

どういう 精神だろう?と 私は思う。

その人が 違法ドラッグをしたことで 誰が 迷惑を被ったというのだろう?

人の手本と成るべき地位の人がというようなことを いう人もいるが(確か 裁判官

もそんなことを言ってなかったっけ?)そもそも 違法と言うこと自体 心理的

そそっているのだ。

母親が ダメと言ったことを 子供がするのと同じ心理だ。

人は ダメと言われれば言われるほど そのことをしたくてたまらなくなる 生き物

だ。浮気がなくならないのにも そうした背景がある。

深い見方をしてみると 誹謗中傷というのは 単に ストレス発散の場を 適当に

見つけたものが 腹のそこに 溜まっていった 自分の kuso を 全く関係の

ない人に 吐き出す行為ではないのか? そこには 愛は全くない。

そんなことが 当たり前に起こっていいのか?と 私は思う。

それは 通行人を切りつけながら 歩き去る人と同じでないか?

 

ネットで 好きなことが 言える時代だ。

だからこそ 最低 読んだ人が なにかを 考えさせられる、気分の晴れる、視点の

変わるものを 書いていたい。