読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moonandoceanhawaii’s blog

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

編み物

編み物をしていて どこかに間違いがある時 進行が徐々にゆっくりに

なってきます。例えば 編目から かぎ針が なんども抜けるとか 糸が

割れるとか とにかく 先に進むのを 妨げる力が働きます。

それで 立ち止まってよく見ると 3段前で 編み目が一つ不足していたとか

いうことがあります。

それで 一段一段 編目の合計を 数えるんだったと 思いつつ 修正すると 

今度は 修正前の段まで これまでの 半分の時間で たどり着くのです。

不思議でしょ? 

これは 一体 どういう法則なのだろうと?いつも 思います。

人生も 進んではいけない方向に 進もうとする時 こうした 妨げる力の

ようなものが 働きかけるような気がします。

それに 気を配り 進路変更できれば いいですが 無理を押して進んでしまうと

妨げる力が もっともっと 大きくなります。


何かについて 間違っている時 その振動は 私たちの 本来の振動とは

シンクロナイズしないので 無秩序の状態になるような気がします。

その逆に していいこと、進んでいい方向に 向かっている時は その振動と

私たちの 振動が 調和し 気が 途切れることなく 流れ出すので 短時間で

たくさんのことが 起こったりします。

編み物をして 綺麗なもの、可愛いものを作ってる裏では そういうことを 

感じたり 考えたりしているのでした。ちょっと おじさん風ですね(何が

おじさん風なのか よくわかりませんが)。