月と海の間で

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

蜘蛛の巣

明け方 夢を見た。一人の少年が タビー(オレンジ色の猫)に リーシュをつけて

散歩させていた。猫は まだ 小さく、どことなく怯えていた。

そこで 私は その猫を 抱きかかえ 胸に 引き寄せた。そして 少年に言った。

胸に引き寄せることで 心臓の音が聞こえるでしょ?そうすると 猫は安心するの。

なぜ そのようなことを 言わなくてはいけなかったのか わからない。抱かれると

ナーバスになる猫だって たくさんいる。

その夢の中で 少年の名前を聞いた。渡辺 xxxx(4文字なのに 思い出せない)。

最初の 2文字をとって xx君ねと 呼んだ。海外の設定だったから 少年が 日本名

だったことに 少し驚いた。

そして 私は 海に行かなくちゃと、慌てて 車のエンジンをスタートさせたところ

で 目が覚めた。

今朝の ノースは雨。今日は 一日中 雨の予報だ。昨日は 異常に暑かったし

大気中の火山灰の量が多く 副鼻腔を刺激して 軽い頭痛がした。だから この雨は

恵みの雨。大気を浄化してくれている。

 

話は変わりますが、人生は 蜘蛛の巣の上を 歩いているようなものだと思います。

全ては どこかでつながっている。

このブログを始めるまで 私は はてなの 存在を 知りませんでした。アメリカで

は Googleblogger(ブロガー)が 一般的ですし、日本なら アメーバやミクシィ

が 主流ではないですか?

2015年の秋、怪我をして 自宅療養していた時 スティーブ ペリーの歌を

聞こうと YouTubeを開くと オススメのところに ASKAのニュースが ありまし

た。

タイトルは 覚せい剤疑惑のことを 大げさに書いたものだったと 思いますが 一瞬

だけ 目に留めて すぐに スルーしました。

海外で生活している私には 日本の出来事は あまり興味がなかったのです。

ジャーニーを 数曲 聞いた後 私は なんだか 気になり さっき スルーした 

映像を 見ることにしました。私にとっては 意味のない内容でした。まるで あり

が 一粒の砂糖を見つけ それを大げさに 他のありに伝えたために たくさんのあり

が 大きな砂糖の山を 我が物にしようと 集まってきているような光景でした。

本当は たった一粒の砂糖なのに。

それより もっと気になったのは 彼が 覚せい剤ごときで ここまで 叩かれて

いることでした。何か ネットを 通して それを見た人に 伝えた方が いいの

ではないか?と 思いましたが そのときは そのまま 流してしまいました。

日本にいない私が 何かを言ったところで 耳を傾けるものなどいないと思ったので

す。

アメリカなら あの報道の仕方は テロリストが 街ごと吹っ飛ばした時ぐらいに

匹敵するものです。

彼が 何をしたと言うのでしょう?誰かを 殺したとでも言うのでしょうか?

 

彼は 彼の選択により 薬を使っただけです。それも 医療の現場で使われている

ものと 同じ成分の薬を。別の成分のものは 世の中にきっと 存在しません。

そもそも ドラッグの始まりは 医薬品として開発されたものが 闇に流れたものが 

多いのです。アメリカでは 抜歯や 末期ガン患者、あるいは 手術後の鎮痛剤として

モルヒネが 処方されるケースが多々あります。それは 闇でも 取引されています。

処方箋をもらった人が 闇に流すケースもあります。

あるいは 医療の現場にいるものが それをくすねて 横流しすることもあります。

オピオイド系の鎮痛剤 オキシコドンは交通事故などが原因で起こる 慢性痛の

患者にいとも簡単に 処方される鎮痛剤ですが 中毒性や 鬱などを引き起こす

副作用については 当初 医師からの指示はありませんでした。使用者からの 情報

が 先に広まり 危険な薬として たくさんの人に 把握されるようになりました。

最近の 医薬品業界は 実験による コスト削減のために 開発後 新薬は すぐに

市場に 流されます。そして 患者から 苦情の出た時点で リコール(回収)を

行うのだと その業界で働く友人は 言っていました。その数は ものすごいそうで

す。廃棄処分の プロセスのなかで それが 闇に流れないと 誰が言えるでしょ

う? 全くもって 恐ろしい話です。

 

日本で ドラッグと表現すれば 聞こえが悪いですね。が こうしたもの 全てが 

アメリカでは ドラッグです。それとは 対照的に ハーブ的なドラッグなら 心身に

良いと 解釈する人たちがいます。例えば マリファナ。私は マリファナを長期に

渡り 使用する人たちを見てきて 彼らは 怒りやすい性格だということに 気づき

ました。

吸っているいる間だけ 彼らは ゆっくりモードになります。

が 吸わない時は 人生にあれこれと 文句が多く、小さなことに すぐに 腹を

立てています。こうした副作用に 彼らは 全く 気づいていません。

そして その副作用を 人格ととらえ それを 抑えるがのごとく また 吸うので

す。これでは 悪循環です。だから 植物系ならいいと言う解釈は 間違っています。

もし 植物系ならいいと言う解釈であれば モルヒネや オキシコドンも そもそも 

植物から 抽出されたものが 元になっています。

 

ただ 皆さんに 覚えておいて欲しいことが 一つだけあります。どんな薬でも 摂取

する量によっては 死に至ります。簡単に量を増やすなどと 思ってはいけません。

特に 闇で 生産されるものは 純度に ばらつきがあります。

効かないと思って 追加したら それは 3倍の濃度だったということも なきにしも

あらずです。 

オハイオ州では ここ1年、闇取引されるドラッグに 毒物が混入しており それに

よる 死亡者の数が 急増しているそうです。

ダークな世界からくるものには できれば 触れずにいてほしい思います。何が 混入

されているのか わかりませんからね。

そもそも 私たちは 私たちの脳から 私たちを ハイにしてくれる成分も ローにし

てくれる成分も 分泌出来るように デザインされています。わざわざ お金を払っ

てまで 自分を 危険にさらす必要は 全くないと思います。

長々と ドラッグに関する話を書きましたが あの報道は異常な光景だったということ

をまず 知っていただきたい。そして まだ 学びの途中にある その人の 一度の

ミス(ミスかどうかは ご本人の判断によりますが)が これまでの 何十年にもわた

る 創作活動を 否定されるものであっては いけないのです。 

日本人の 一番悪いくせは 99のいいことをしていても 1つのミスで その99

すべても 攻めの対象になってしまうというところです。

その国民性が 大きくでた 報道だったなと 私的には 捉えています。

 

あの事件で 距離を置いたという ファンの方のコメントを 動画サイトで みかけ

ました。すべては 選択ですから それもいいと思います。彼のファンを やめても

世界中に アーティストは ごまんといますからね。

が 完璧な 王子様、お姫様を 求めるのは なぜですか?

そうした 意識の方を 私は 問題視したい。これは 彼のことだけが 問題なの

では ありません。これは あなたという存在の 軸の部分を 語ることになります。

まずは あなたの 中を 覗いてみてください。

人は 自分に見当たらないものを 相手に求めておきながら 何か 気にくわない

ことが 起こること それで その人の すべてを 投げ出してしまう勝手さがある。

彼が あなたに与えてきたのと同じぐらいのことを あなたは 彼に与えることができ

ますか? あなたの中の ”もっともっと”(欲求)を 彼は受け止め それに 答えよ

うとして ここまできたのではないでしょうか?どうですか?

彼が ストーカーや メディアに潰されることなく ブログの更新を続けてくれて

いることは ある意味 奇跡だと私は 受け止めています。

彼の 奥深いところの彼が 彼を 支えているのですけど これは 他人が どうこう

できるものではないです。それを どうにかしてやろうと思う人がいたら その人たち

は そうした自分の思いに 潰されるでしょう。因果応報です。

 

今年の3月の終わり頃 私は 初めて 彼が ブログをしているということを 知りま

した。2年前 何かを言わなくてはと思っていた私は これを機会に 彼のブログに

コメントを 書き込みました。それを読んだ 幾人かの方たちが 今では  私のブログ

も 読んでくださっています。あの事件がなければ あの報道が なければ 私は 彼

の歌を聴くこともなく 過ごしていたと思います。そして 彼が はてなで ブログを

始めなければ 私も 今ここでは 書いていないのです。アカウントを 取得するに

至ったのは 彼の ブログの コメント欄に 書き込むためでした。それを 選択して

いなければ 日本で 暮らす みなさんは このブログに 触れることは なかった

でしょう。そういう意味でも 何が どこで 私たちを 繋いでいるのか?というの

は 本当に 未知です。

私たちの 想像力の範囲はとても狭く 限界があります。ですから いつも 事後確認

ですね。「あ〜 こういう風に 繋がっていたんだ〜」と。

私たちは皆 蜘蛛の巣の上を 歩いています。あなたが 繋がっていないと 思ってい

ても 私たちは 繋がっているのです。

今朝の夢に出てきた 渡辺さんには いつかお会いするのかもしれません。

ASKAの件も含めてですが これからの時代 私たちは 人といかに向き合うか?

ということを もう少し 余裕を持って 考えるべきだと思うのです。

 

過去はあくまで 過去でしかなく その過去によって 今は どのようにでも 塗り

替えらます。そして どのように 未来を 塗っていくかなんて 誰にも

わかりはしないのです。

私たちには 希望があります。私たちには 信じる力もあります。

つまりは 過去の出来事から 今が 成っているとしても だからこそ 過去を 今に

持ち込みたくない場合 今の 要素は 常に 変わっていきます。

そして 過去によって 未来は 決定されるものではなく 未来は 未知ですが その

未知の部分に 希望を抱くことは可能です。そして それを 信じることもです。

ある程度の 材料を揃えるのは あなたですが 後は 宇宙が 全体とのバランスを

吟味して それを料理して スパイスを加え あなたの皿に 盛りつけます。

それは あなたが 全く思ってもいなかった味かもしれませんが あなたが これまで

で 一番美味しいと思えるものに違いありません。


人といかに向き合っていくのか? 人生は 長いようで短いのです。

出会えた 奇跡に 感謝です。ありがとう!