月と海の間で

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

復活祭〜イースター

youtu.be

今日 アメリカは 復活祭です。

日の出前から 日の出直後は 結構 不気味な瞬間でした。

昨日は あれほど コンディションが良かった海が 今日は 荒れています。

昨夜 大風が吹いたわけではないのですが どうしちゃったんでしょ?

しかも 北東の空は 青く澄んでいるのに 北西の空は チャコールグレイの

厚い雲に 覆われています。

まるで 善と悪が せめぎあって 領域を 拡大しようとしているように 

見えました。が、何が 心の中にあるか?ということが 私にそのように

世界を 見せているのかもしれません。

 

先日 ちらっと #45(アメリカの大統領)の インタビューシーンを見て

いて 驚いたのですが インタビュアーが シリアへの爆撃の瞬間の様子を

聞いたときの 回答が 金槌で 殴られたときのような ショックでした。

マーラーゴで 夕食をしていてね。そこには 中国の首相も 一緒だったんだけど 

食事が終わって そこには チョコレートケーキが出てきてさ〜、なかなかの チョコ

レートケーキだよ。それで 海軍から 準備ができたとの連絡があって それで アフ

ガニスタンに 爆撃するよう サインを出したんだ。」インタビュアーは そこで す

かさず 「シリアです」って助け舟出してるんですけど 本人は なんだか ぼーっとし

ちゃってて そうだシリアだって。実際 その数日後 アフガニスタンにも 爆撃を仕

掛けてるんですけど 世界は アメリカ国民が この男を 大統領に 選んだことを 

非難するべきだと 感じました。そもそも 中国主席との会談は 急に決まったわけで

はないと思うのですが どうして そのタイミングで しかも食事の席で しかも 他国

の首相の前で 爆撃の指令を出さなくてはいけないのか?

それほど 切羽詰まった状況に いるわけではないのですよ。

サリン爆弾で 攻撃しといて 攻撃先の 国の名前を間違うとは 結局 彼にとっては

どこでもよくて ただ単に 自分のパワーを見せつけたかったのと 国の最高権限者と

して そういうものを使ってみたかったんだろうな?と 思うのです。

いや、そう思われても仕方ないです。

だって 爆撃するほどの 大きな テロ事件は アメリカでは 起きてないんです。

それなのに 攻撃を仕掛けるというのはね。いじめとしか思えない。

オバマへの嫉妬心を 抑えることができない。彼は 大統領になる前から ずーっと

その感情に 支配され続けています。

先月か先々月、日本から 安倍首相夫妻が 来られたときも ディーナーの席で

軍とのやりとりを 携帯から 公開するような  行動に 出ておりまして 3才の

子供が 親戚や家族に「僕の携帯は こんなこともできるんだよ」と 見せているの

と なんら 変わらないなと 思わせるのでした。

っていうか、チョコレートケーキのことを言ってる部分が 時間的には どの部分

よりも 長かったです。 

 

報道される嘘、 報道されない真実。

 

You can't believe everything you see.....

You can't believe everything you hear........

つづく