月と海の間で

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

ジャボン

波乗りを終えて 駐車場に向かい パドルしていると おじさんが 近づいて

きて 「ジャボンが トラックの荷台に いっぱい積んであるから 好きなだけ

持っていっていいよ」と 言いました。

このおじさん 庭に みかんと ジャボンの木があるそうで ジャボンは 酸味が

強いので あまり好きでは無いのだそうです。

私は薄皮をむいて 身の部分を ヴァイタミックで ジュースにして飲むんだよと

おしえてあげました。

繊維のある方が好きなので ジューサーは使いません。 

いつも いっぱい もらうので 今度は マッサージと 交換しようと おじさんに

言いました。お金が 中間になくても 取引が 成立する 例です。

おじさんのところの ジャボンは 私の 頭ぐらいでかいです。

f:id:moonandoceanhawaii:20170415043123j:plain