月と海の間で

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

稲妻の少女

rutube.ru

この歌を 聞いたのは まだ 10代の頃でしたが 当時は エンジンフードで

卵が焼けるって すごい状態だと 思いながら 自分が この歌に 登場してくる

少女のようになるとは これっぽっちも 思ってませんでした。

ユーミンには パリ ダカール ラリーに 出場したことのある 女性が 友人で

いたのですけど 私は どちらかというと そっちかな?と 思っていたのです。

パジェロを 運転するんだと 思っていました。

それが なぜか 波乗りに 出会い そのまま はまってしまい それが 25年以上

経つ今でも 続いていて そのために 仕事を 転々としながらも 10年のサーフ

トッリプを 実現させ 挙げ句の果ては ハワイに移住しました。

潮の流れる方向へ 波を追いながら 夏を追いながらの人生が 今では 追わなくて

も ここにあります。

波乗りが理由で ハワイに移住したことを知ると みんな プロなの?と 聞いて

きます。”好き”が 嵩じて(言葉の意味は 程度が甚だしくなるですって、おほほ)

結果 気づいたら ここにいたというと もちろん サーフィンの メッカですから 

納得はしてくれますが どんだけ〜?と 思う人も中には います。

男との関係は 終わっても 波との関係は まだ続いていると 冗談で 笑わせます。

冗談でも ないんですけどね。

日本にいる頃 結婚する機会は 2度ほどありました。

どちらも 相手方の ご両親に 期待されてました。

でも 秋が来ると いっちゃうんです。トリップに。そして 波次第では 春まで

帰ってこない。

もちろん 旅先から カードを 書きました。

波が良すぎて まだ 帰れないと。待たずに いい人探してくださいと。

ひどいと思うでしょ? 男を 泣かせて。

でも 自分に嘘ついてまで、ふりしてまで お付き合いを 続けることの方が

もっと ひどいと思うのです。

正直に話して 別れたら その人たちは また 誰かと出会う 機会があるのです

から。

私には できることと できないことが はっきりしています。

日常が ルーティンに なってしまうことは できないことの一つです。

それと 女らしさと 一般に定義されることの すべてを 理解するための

回路が 脳に ありません。

確かに 毎朝 海に行くのは ルーティンです。

でも 毎日 日の出の時間は違うし 毎日 干満の時間は ずれるし 毎日 海の顔は

違います。風の向きや 強さも 毎日違います。そういった 環境の変化は 砂を動か

し ビーチや 海底も 毎日 変化しているのです。

私は それに 合わせなくてはいけません。

だから 波乗りに行くことは ルーティンなのですが 同じ状況で それを 行ってい

る わけではないのです。

お付き合いは 相手を変えても することは同じ。

食事行って 映画見て エッチする、みたいなね。そういうのは 3人ぐらい 経験

したら 後は 先が読めちゃうから もう 面白くもなんともなくなる。

女らしさの 定義の 話の前に まず 旅の生活の話。

旅の生活では 水が自由に使えない環境で 生活をしなくてはいけないことが 多々

あります。いいホテルに泊まるなら まだしも ホテルのないようなところで 小さな

レストランの キッチンに 寝泊まりするケースもあるので(今 そういう旅は

珍しいですが)そうすると シャワーも 洗濯も 日本で 生活している時のようでは 全くないのです。

雨が降ったら 髪の毛を洗う。でも それも にわか雨では シャンプーしてるうちに

雨が 通り過ぎてしまいます。

だから 強い雨が降るのを 雲の動きや 風の匂いから 予想しなくてはいけない。

洗濯は 濡れた砂で Tシャツをこすって 海水で 洗い流して 乾かしたという

経験があります。渇いた Tシャツからは なぜだか 石鹸の匂いがしました。

塩分を含んだ水は 除菌効果があるので 理にかなっていると思います。

まあ 旅している時は ほとんど 毎日 水着で 夕食時ぐらいしか 服を着ないの

で 洗うものも それほどないのですが。

 

人生の 半分以上の年数を 男たちと同じ ラインナップ(line up, サーファーが

沖で 波を待つ場所)で 過ごしてきた私には 彼らも私も 人です。

確かに 最初の頃は 彼らは この波は 女の私は 行かないだろうという 予想を

して その波に テイクオフしようとするのです。でも 引かずに ドロップすると

そこから 私に対しての 理解が始まり 誰も 私の波に 割り込んでくる人は

いなくなります。リスペクトと 表現できるでしょうか?

ビーチで 波チェックして 多少 サイズがあっても 自分の判断で 入るかどうか

を決めます。

そして 入って 起こることのすべては 自分の責任です。

例えば 崩れた白波の高さが 1m以上あると 崩れた時のパワーが まだ残っていて

その下にいて 上に上がろうと思っても 押さえつけられて 上がれない時がありま

す。その時は その白波が 気泡となって消えるのを 水中で 待たなくてはいけな

い。あるいは パワーが 分散して 小さくなるまで 待たなくてはいけない。

当然 呼吸を止めている状態です。以前 アヴァランシェ(雪崩の意味)という

ポイントに 惚れ込んで そこに しょっちゅう 入っていた時期がありました。

ある時 私の テイクオフした波に ショルダーから 初心者の男性が 前乗りして

来て 一番 掘れたところで 波に 巻かれたことがあります。

その時 私の板には いつもより長めの 10ft(フィート)の リーシュがついて

いたのですが そこの海は 100ftの深さから 急に 浅くなるため 崩れる

波のパワーもすごいのです。

私は 水中にいながら 水面上で 私のサーフボードが 縦に立って 揺れているのが

わかるほど リーシュが 引っ張られているのが わかりました。 

私は 水中10ftにいたのです。もちろん 白波が厚く すぐには 上がってこれなく

て 自分に対して 冷静でいるようにと 言い聞かせたのを 覚えています。

その時に 女だから 助けてー!というのは ないのです。

自分の判断ミスで 相手を 危険に 晒すことは 私の中では 絶対タブーです。

それは 基本的に みんな そうあるべきです。

前乗りした男性は 女性が入っていたので 自分にも 楽勝だと思い 入って来たと

言ってました。

が 当時の私は まだ 威勢が良く、息を長く止めていたことで 酸欠だったのか 

プッチンしてしまい その人を 怒鳴りつけて 上がってもらったという 思い出話があります。

それを 遠くから見ていた 友人たちは お前には ”金xx”が 付いているとか

”I've got balls"と 水着の後ろに プリントしたほうが わかりやすいからいいとか

言って 笑っていました。2年ぐらい前 その人と カフェで ばったり出くわしたの

で 今日波乗りした?と聞くと もう波乗りはしていないと言いました。理由は 聞か

なかったですが あの日が 理由だったとしても 逆に 上手くなるために 頑張って

欲しかったなと 内心思いました。  

まあ それぞれの 性格によるのでしょうね。

私が 日本で 波乗りを していた頃、あるショップの 店員に プロの誰々さんぐら

いになったら 認めてやるよと 言われたことがありました。

その言葉は 結構 自分の中に 長いこと残っていました。

それから 2年ぐらい後 旅で その 誰々さんと 一緒に 波乗りをする機会を 

得た時 もう その言葉は 気にならなくなっていました。

認めて欲しくて 続けているわけじゃないことに 気づいたからです。

日本のシーズン中には もちろん 日本でも 波乗りをしていたのですが 当時は 

東北の 海水の冷たい 田舎に 住んでいたので 女性で 海に入る人は とても少な

かったです。

サーファーを 彼氏にもつ 女性たちは 大抵 ビーチで 彼が 波乗りを 終えるの

を待っているのでした。で 私が海から上がると 嫌な目で 睨みつけたりするので

す。後日 その人の 彼に 海であった時に そのことを話すと 彼女は ビーチで 

待っているのいるのに 女の私が 彼と 聞こえない距離で 喋っているのが ムカつ

いたらしいです。

で 次に その女性を 見かけた時 近づいて行って 言いました。

そんなに 大事な彼氏なら あなたも 海に入って来ればいいのにって。

「悪いけど 私 面食いだから あなたの彼氏は タイプじゃないの」

そう言って 立ち去りました。

波のサイズが 自分の 身長を 越えて行く時、つけまつげが〜とか 首をかしげる

角度は このぐらいが 可愛く見えるとか ありえないです。

自分の水着さえ 剥ぎ取られてしまうような コンディションの中では 安全というこ

とが まず 一番大切なことで それしかないです。

そういう環境に 長くいると もう 性別じゃなくなる。

波が来て 行くのか?行かないのか?それだけです。でも 男性たちは たまに

波を譲ってくれます。それは 彼らが 私を 女と 見ているからなのでしょうけど

ね。そういう 優しさに 支えられながら 私は 好きなことを言って 好きなことを

しています。

あと数日で 50歳。いまだに なんの足しにも ならないことに ムキになってる

自分が 結構 愛おしかったりする この頃です。

 

ちなみに 12月から 染めるのをやめた髪の毛は 現在 日焼けした茶色い部分と

伸びてきた 白い部分が ところどころと 地毛の黒っぽい部分とが 上手く混じり

あって 結構好きな感じに 変化してきています。
クライアントに ジョージ クルーニーを 23倍ぐらい かっこよくした人が

いるのですけど 部分白髪が かなりイカしてて あんな風になりたいな〜と
思っているのでした。