読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moonandoceanhawaii’s blog

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

歌って 踊れる ファースト レディ

youtu.be

 

DT政権が 毎日 嘘とカオスを もたらすアメリカで バラック オバマと 

ミシェル オバマを 懐かしむ声は 日に日に 高まっています。

先日 私のクライアントの 子供達が カネオヘのゴルフ場で バラック

見かけた時 彼女たちの そばにいた男性が、また政界に 戻ってきて〜と 

熱いラブコールを 送ったそうで その時の彼のリアクションは 「いや〜

こっちのほうがいいよ(ホワイトハウスを離れて ハワイでしたいことをしている

生活)」と 答えたそうです。

一国の 大統領としては 就任中 自分が 賛成しないことでも 国民のことを

思えば それを 飲み込まなくてはいけないことも じつに たくさんあった

ことと思います。そうした ストレスの中で 8年も 勤めてきたのですから

本当に 今は 自由を楽しんでくださいと 私は 思うのです。

でも 本当は やはり 彼らに 戻ってきて欲しいと思います。

ミシェル オバマは 歌って 踊れる ファースト レディで 彼女のような

大統領夫人は ほとんど 前例がないと思います。

世界中、特に アメリカの 子供達への 教育への参加に 熱心な彼女。

TV番組に 招待されるたびに そのことを 強く 語っています。

そして 今でも その活動は 続いています。

それしか 未来を 変える方法はないという 信念のもと。

私も そう思います。

オバマ時代、ホワイトハウスでは 大物 ミュージシャンを招いて コンサートが

開かれました。

また 一般の人が 招待状を受けて ホワイトハウスの地下にある 食堂で 大統領と

食事を共にするという イベントも よく 行われていました。

これは 政治を 国民に もっと 解放したいという 彼の意思で 行われていまし

た。 

彼が 黒人というだけで たくさんの非難もありました。

DTは 何年も 彼の出生証明書の開示を 求め それを ネタに オバマを 

大統領の座から 引き下ろそうとしていました。

その自分が 今 確定申告の 書類の開示を 求められているのに 否定し続けて

います。

ミシェルだけなく、オバマも 歌って踊れる 大統領。そして 彼は 子供達に

とても 愛されていた 大統領なのでした。ミシェルが 抱き上げた途端に 泣き

出した 赤ん坊たちも オバマの 腕に抱かれると みんな 静かになります。

本人曰く 自分は 耳がでかくて 見た目に 滑稽だから 子供達に 受けると

いってましたが それだけではないと思います。

子供達は 現実社会を 把握していない分 もっと エネルギー的な部分で 良い

振動と そうでないものを 敏感に 感じ取る力があると思います。

 

説明が 遅れましたが 上の動画は アメリカのTV番組で 車の中で カラオケを

するという番組が ミシェルが まだ ファーストレディだった頃に ゲストとして

登場してもらったものです。

会話も ユーモアに富んだもので 笑えました。


本当、帰ってきて〜!って 思うのです。