読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moonandoceanhawaii’s blog

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

Can see but can’t see

目覚めると 小雨が 降ったり 止んだりの 曇り空。

それでも いつものように 海に出かける。

数日前のスウェルが ついには そのエネルギーを失い 小さくて 柔らかい

波だった。

曇り空にも かかわらず 水の透明度は すこぶる高かった。

海底が すべて 丸見え。

波に乗りながら 朝ごはんの海藻を食む 亀が見える。

いつもより 魚の数も 多かった。

海は 不思議な存在。

海洋投棄される 薬物、毒物、ゴミなどが 以前にもまして増えているのに

こうして 美しく 澄んだ 表情を 見せてくれる。

どこで 浄化しているのだろう?

数日前 友人が インスタグラムに 訪問先の カリビアンの ビーチの

画像を アップしていた。

リビアンの海は 本当に 美しい 色をしている。

ハワイとは とても 比べ物に ならないぐらいに。

でも 今日の ノースの海は その色に 近かった。

厚い雲の切れ間から 朝日の光が 漏れてくる。

それが 空中の水滴とともに 虹をつくる。

水が いたるところに 存在する この惑星。

それが すべての 命を 繋いでいる。

ハワイでは 水を Wai(ワイと読みがちですが ヴァイが正式)と表現する。
これは 水のみにあらず 液体のすべてがこれを指す。

木の汁も、ハチミツも、ジュースも。そして 血液も、精子も、女性の生理で流れ出る 血液も すべて 含まれる。

ハワイ語に触れて 時々思うのは ヴォキャブラリーが それほど 多くないこと。

でも それは とても意味をなすのです。

水からすべて生まれることを考えれば 木の汁も 血液も すべては Wai。

わたしたちは こうして 繋がっているのです。

今朝の海 透明すぎて 波のフェイスとボトムの区別が 付けにくく 乗ってて

変な感じでした。

見えるんだけど 見えない そんな感じです。