読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moonandoceanhawaii’s blog

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

痛みと成長

ある日 枯れた オーキッドの木が ゴミ捨て場に 捨ててありました。
多分 花が終わり 木が枯れてきたので 死んだと思い 捨てられたのだと
思います。

オーキッドの木は 花が終わると 木が枯れるのですが 時々 水をあげて しばらく待つと 死んだと思った木から 芽が出てきます。
画像を 見ると分かりやすいですが 薄茶色の 向かって 左端にみえるのが 最初の木だと思われます。そこから 次の木が 芽を出した。
そして そこから 今度は さらに 次の木が。

動物の死は 肉体が終わると そこで おしまいのように 思われがちです。が 仏教では 輪廻転生という 考え方があります。

同じ木から 次々と 次の命が 絶えることなく 生まれてくるのをみると 
これもまた ある意味 輪廻転生と重なるんじゃないかと 思ったりしています。

 

f:id:moonandoceanhawaii:20170330132831j:plain

 

今朝 波乗りをしていて ある白人男性が 隣に パドルしてきました。
セットの波が来て テイクオフし インサイドまで行って また パドルで

戻ろうとしたら 同じ男性が 真ん中から 真っ二つに折れた サーフボード
を なんとか 押しながら 岸に向かって 泳いでいるのが見えました。
確かに 波は 昨日から 大きいのですが 折れるほどの インパクトだとは
感じてなかったので 何が あったのか?と 内心 驚きました。
沖に向かいながら 人生も同じだな〜と 思いました。
同じ身体と命を もらったと思っても 時間的に 生きる長さは 人それぞれだし
余命宣告を受けてから 回復する人もいれば、生きたいといいつつ 行ってしまう 人もいる。
同じ場所で 波に乗っていて ある人の板は壊れるけど そうじゃない人もいる。
確かに 性能やスキルや どこで どのように 波を食らったかで 違いは
出てくるのですけど その違いを 大きく 決定づけるものは 私たちには わからないと思います。

そこには 目に見えない力も 同時に働いていて。

それでも 今の所 命は 繰り返すのであって 大事なのは 今するべきことは
したほうがいいということです。
私たちには 言い訳する時間がなくても 行動する時間はある。

身体があるから あらゆることを感じるわけで そのせいで 痛みも感じるわけなの

ですけど。じゃあ 痛みは痛みなのか?というと このオーキッドのように 古い木を突き破って 新しい芽が出る時 これが 人間だったら 当然痛いわけです。
ただ 人間は 肉体的に 突き破りながら 成長するわけではないので その痛みは
心の痛みとして 体現されるのかな?と。
そうすると 痛みと思っていたことは 単に 成長の過程だということになりますね。
そこで 痛みにとどまるのか 痛みの先に向かうのかで 人生は 大きく 変わってくるのだと思います。

自然を深く 観察できれば 教育はいらないと シュタイナーは 言っていました。
物事を深く見つめることができるのは 才能というよりも 訓練によって 培うものです。確かに 感覚が 開いている人もいますが 静かに 見つめることができるというのは ある種 訓練の賜物です。