月と海の間で

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

PMS(月経前症候群)を改善する

ある記事に PMSは 治らないと書いてありました。
それと ムードが不安定になることについて 精神科での
処方箋を勧めていましたが 私は その必要ないと思っています。

ホルモンは 食べるものによっても大きく左右されます。
たとえば 成長促進剤を注射された肉を 食べ続けると 胸の発達に 大きな影響が出ます。そのほうが 嬉しい女性は たくさんいるのかもしれませんが エストロゲンが 優勢になると 乳がんへのリスクも大きくなります。
アメリカでは 成長促進剤は禁止になりましたが ある国では 養殖の魚などにも
使われていると聞いたことがあります。肉だけではなく 牛であれば 牛乳にもその影響は出るわけで チーズもですね。

大豆も エストロゲンに似た 成分を含んでいますが 適量であれば 問題は
ないと思います。

生理前に 甘いものが 欲しくなる人は たくさんいると思いますが それは
マグネシウムが 一時的に 不足するからで ダークチョコレートなどで 欲求を ごまかしてあげるといいと思います。仮に マグネシウムサプリメントをとる人は 一緒に カルシウムもとってあげてください。
基本的に 砂糖は 血液の流れを 悪くするため(血液が 粘液状になるため)普段でも 避けたほうがいいです。とりすぎると 生理痛もひどくなります。
血の巡りを良くするには 足首を 温めると効果的です。特に 踝の下には 子宮や
卵巣のツボがありますので 普段から冷やさな心がけは PMSの症状を軽減させるには 有効でしょう。

私は 長いこと 波乗りをしているので ハワイに住んでいるとはいえ 体は 冷えがちです。それで 日本の イオンドクターから 足首ウォーマーを取り寄せて 試してみました。仕事柄 痛みを抱える人に毎日と言っていいほど 会う機会があり 良いものなら シェアしたいということもあり 試してみました。
遠赤外線効果があり じわじわと 温められます。そして 確かに 痛みも軽減します。むち打ちになった人には ネックウォーマーを そして 膝の手術をした人には
膝ウォーマーを 使ってもらいました。同じような結果が 出ています。

症状がひどい人、冷えに悩んでいる人は 試されるといいですね。

www.iondoctor.com

人それぞれに パターンがありますので 毎月 ジャーナルをつけるといいかと思います。
それと 仕事で 無理しすぎたり、日常で ストレスが多い日々を過ごしたあとにくる
生理痛は かなりひどいです。そういったパターンも ジャーナルをつけることによって PMSだけでなく 生活の質そのものを 改善することができるでしょう。

アルコール、タバコ、カフェインなどの嗜好品のほとんどは 体内の 水分不足につながります。細胞は 十分な水分により 正常に機能することを考えれば これらのものは できるだけ避けるのが 賢明と思われます。

それとしょっぱいものを 酸っぱいものにすり替える。塩分は体内に水分をためてしまいがち。生理前のむくみを さらに ひどくさせます。

感情が スイングするかたは Vitex(ヴァイテックス)、日本では チェストベリーとか チェストツリーと呼ばれていると思います。そのサプリメント試されるといいですね。このサプリメントは 更年期障害にも有効です。

何れにしても 自分の身体のサイクルと 感情のサイクル、食に対する欲求の変化、
気温なども含めた 数ヶ月のデータを ご自分で 取って見られることを お勧めします。

痛みは 身体と向き合う良いチャンスです。自分の身体ですから 自分が一番良く把握しているべきです。
身体が変われば 心が変わります。心が変われば 人生が変わっていきます。

わたしの 知り合いで 生理前になると 泣きながら仕事を辞めたいという女性が
いました。毎月のことなので 同僚や上司(男性)は 彼女のことを理解していて
また始まったで 済ませていました。

でも 私的には その人 実は 本当に やめたほうが よかったのでは?と 思うこともあります。
我慢して、無理していることが、生理という 毎月の イベントを通し 表に出てくる。そんな風に思ったからです。
そこを変えることができれば 症状は 軽減したのかもしれません。

次回は ひまし油で 肝臓のデトックスをする方法を アップします。
これは 生理痛のある人、子宮内膜炎の人に 効果があります。

季節は 春から 夏に向かいますが 汗を掻くことで 身体は 冷えがちです。
温めてくださいね。