読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moonandoceanhawaii’s blog

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

夢見る時を超えて(その1)

アメリカの グリーンカード保持者と 市民権を 持つ者との
唯一の違いは 選挙権の有無だ。
が 昨年暮に 行われた 大統領選挙に 投票に行かなかったのは
選びたい人が いなかったから。
選択できないという 選択を 正式に 受け止める枠も 必要だ。
その場合 選挙期日を 伸ばす例外も あるべきだ。

が 大統領 云々ではなく もっと 根本的なところで この国は 
変わらなくては いけない。

かれこれ 30年近く前 私は 当時 日本に 住んでいたけど
アメリカの 中東における戦争 あるいは 湾岸戦争
アメリカ本土における 自然災害の タイミングが ある一定の 
パターンに なっていることを ニュースをみながら 感じていた。
アメリカが 他国を 爆撃すると 本土に 天災が起こる。
当時の 私は 単純に "goes around, comes around"
(したことは 帰ってくる)だと 思っていたけど のちに 
ある種の マインドコントロールが 背景にあるのだと 知った。

20数年前、ハワイを 訪れた時、日本から もって来た 片岡義男
書いた ハワイが背景の 物語に ”アメリカでは 重要な 政治的な
決定が 下される時  必ずと 言っていいほど 警察が 大々的に 
麻薬の取り締まりを 行う。そして 報道も そのことを 報道する
ことに 力を入れる”と 言う様なくだりがあった。
それは 実際にそうなのだろうと 思えた。

トランプが 旅行者の 入国規制を 義務付けた時 それは それは
沢山の人が 彼を 差別主義者だと 罵った。
その報道を 見ていた私には 罵った人たちの 3分の一は トランプの
元支持者であり 半分は 自らも 差別主義者で あったのではないか?
と 思えた。誰もの中に トランプは 存在していただろう?
彼は 単に 集合意識を リフレクションしているに すぎないと
思われた。
911の後 一体 どれだけの アメリカ人が 911の 首謀者と
言われた 男の殺害を 願ったことだろう?
そのテロリストと 呼ばれる 組織は アメリカの とある 組織に
教育されたにも かかわらず。

何が この国の 根本的な 問題なのか?

この国は 常に ヒーローを 求めている。
必要な時 ヒーローが 救いに来てくれると 信じている。
それは 信仰からくる部分も あるのだろう。
HE>I (he grater than I)。彼は 私より 偉大?
これは キリスト教を信仰する ハワイのある人が ブランド名と
して 使用している ロゴだ。
彼が 救い主であり 犯した罪を 帳消しに してくれる。
投獄される 多数の人たちは 彼の名を どこかに 刺青して
出所してくる。
私としては HE=Iだと 思っている。
が、 そこは 解釈の違いだから いいとしよう。

ただ その 考え方が 根本にある限り 何も 変わりは 
しないというのは 量子物理学の観点から 説明できるだろう。

指示を 求めているうちは 自由など ありえない。
人は 権力というものに 中毒になりやすいから 指示を
与える側が 求めるものを 利用しないとは 限らない。

アメリカを 夢見ていた 10代の初め。
アメリカは 自由な国、人種のるつぼだと 思っていた。
夢見た頃を 過ぎて なぜか アメリカに 移住することに
なったのは  波乗りが 大きな理由だけれど 私の住む州は
強制的に アメリカの 州となった。
要は 書類上では アメリカではないのだ。
プエルト・リコも 現実 植民地時代のまま アメリカの法律下に
ある。が アメリカの州ではない。
それは アメリカに とって 都合がいいことでもあり。
貿易上の利潤は 税金として 吸い上げ 医療や教育などの 補助は
する必要がないのだ。
その不正に対し 独立を 訴えたものは 長いこと 投獄され それを 
指揮しようとしたものは 皆 殺害された。
決して 古い 話ではない。アメリカの教科書では アメリカが 
プエルト・リコを スペインから守った ヒーローのように 教えて
いる。
スペイン撤退後 キューバと プエルト・リコは 統合する予定
だった。カストロは アメリカにとって 邪魔者だったのだ。

ヒーローが 誕生するには 悪役の存在が 必須だ。
あるいは 大規模な天災が 起こる必要がある。
ヒーローが ヒーローとして 活躍できる シナリオが 必要だ。
ハリウッドは その集合意識の 縮小化したものだろう。
一体どれだけの ヒーローが そこから生まれ けれども その
ヒーローの 誰もが 数多くの 災厄から 市民を 救わなかったか?
それでも 人々は ヒーローを 求める。
人々が ヒーローを 求める限り そこには 悪者が 作り
出される。

人々は 忘れている。ヒーローも悪役も 一人の人間の中に
存在することを。