読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moonandoceanhawaii’s blog

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

ボス君との 最後の夜

今日は ボス君との最後の夜。
ボス君が 最初に うちの縁側に 姿を現したのは 2年前。ボス君という名前は 彼のからだが 通常の猫に比べ でかいこと(うちの長女猫もでかい)。それと 耳が大きく切れてて きっと大げんかしたであろうこと。
そして 態度が いつも偉そうなので そう呼び始めた。

うちには すでに 3匹の猫がいて そこに 近所の猫たちも 集まってくるので 猫の集会所のようになっていたのだけど きっと その 楽しそうな雰囲気に 誘われて来たのだと思う。でも くるたびに あちこちに マーキングしていくので それが嫌で 追い出していた。
2〜3日すると どこかに 消えてしまい それから 何ヶ月も姿を 現さなくなる。
それで 忘れていると ひょっこりやってくる。そんなことが 3度ぐらい続いた。
そして 今回現れたとき ボス君の様子は これまでと ちょっと 違っていた。

彼は 両目の視力を失っていた。光を かすかに 感知できるみたいだけど 私たちのことが 見えない様子で えさをあげるときは ボウルを振って 餌がぶつかる音で 
餌を置く場所を 知らせたりしていた。
視力を失ったのは 栄養失調からくる 感染症か あるいは 飲み水が 汚染されていたからだと思うけど 今でも 顔に近づくと 化膿している匂いがする。
目からは 常に 目やにがたくさん出ている。
今回 2日目に あったとき 少し 接近して 触ってみたが 最初は 気に入らないようすで でも いろいろと 話しかけながら 撫でていたら 次第に 慣れてきて 最近では お腹を見せるようになった。触ると 首が異常に硬くなっていて リンパ腺が 腫れてもいるようで 頭部のどこかに 膿が溜まっているようにも感じる。

知り合いで 捨て猫などの世話をしている人がいて かなり広い敷地に住んでいるのだけど その人から 連絡が来て 避妊手術をしたら 引き取るというものだった。
うちには ここ半年 隣の スコットの猫が 拾ってきた日から ずーっと 住み着いていて 今や 彼女は 養女猫の立場。 
ボス君の存在で うちの唯一の雄猫 ジジは 気に入らない様子だし これ以上は 面倒見切れないと思い それで 知り合いにお願いすることにした。

実は 先週の 金曜に ボス君を 避妊手術に連れて行こうと思い ケージの中に入れて 波乗りに出かけたら 帰ってきたら ケージが もぬけの殻だった。
ドアを ロックしたのに どうやって 抜け出したのだろう?
それを 知人に話すと 明日 彼女の友人が 他の捨て猫の 避妊手術に ホノルルまで出掛けるらしく ボス君も連れて行ってもらえることになった。

一度逃げられているので 明日は 波乗りに行かないことにして 朝早く ボス君を
ケージごと その人の家に 連れて行くことになっている。

ケージから 逃げた後も 毎日 ボス君は 何事もなかったように 夜になると 縁側にくるのだけど 数日前 ボス君に『あなたが 毎回マーキングするから 縁側の掃除が大変じゃない!マーキングしたらご飯は もうあげない!こっちだって 努力してるんだから そっちも ちゃんと わかってよ!』と言ったら その夜から マーキングをしなくなった。特に目の見えない状態では マーキングしないと ここにたどり着くのは大変だろう。それは わかるのだが わたしは うちの猫たちにも して欲しくないことは ハッキリと伝えるようにしている。猫たちは ほとんどの場合 それを ちゃんと理解してくれて それが猫の習慣であっても やめてくれる。
だから ボス君にも それを 言ってみた。
そんなこともあったから 明日 ボス君が 病院に行って 手術後には 知人宅にそのまま 行ってしまうと思うと ちょっとだけ 寂しいものがある。
知人には すでに ボス君の免疫強化のための サプリメントは渡してあって 週明けには 餌を届ける予定だけど 新しいところで うまくやってくれるといいなと思っている。知人は しばらくの間 ボス君を ケージで飼うと言ってた。猫は 慣れないと 逃げてしまうから。でも なんだか 川沿いを伝って ボス君 うちに帰ってくる気がする。気がするけど 知人宅で 落ちついてくれますように。

ボス君は今 ツナ缶を食べてる最中。