読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moonandoceanhawaii’s blog

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

Blue Gold

www.uplink.co.jp

最近 日本のどなたかが ブログに 日本の水と種が 民営に切り替わる
と 言っていました。
311の 直後 モンサント社が 日本の 種を扱う会社の 9割以上を
買い占めたという話は 当時 ブログ上で 見かけましたが アメリカの動きと 
日本の動きが かなり リンクしているなと 感じます。


カリフォルニア州の 水不足問題は 最近 ドキュメンタリー映画になりました。
カリフォルニアは ここ 何年も 水不足に悩まされ続け 近隣の州から
水を購入しているという 常識では 考え難い自体に あるわけですが 実は その裏で 水の供給をコントロールし もうけている人たちがいたというのを 映画にしています。

channel.nationalgeographic.com


私が Blue Goldを 見たのは 7年ぐらい前で それまで 店頭で売られている
ペットボトルの裏に 何が潜んでいるのか?ということを 考えたこともなかったのですけど だからこそ 水を中心に起こっている 略奪戦争のような状態を 映画を通して 知ることができて よかったです。
アメリカで 販売されている あるメーカーの ペットボトル水の成分表には 水道水という 表記がありました。最近 見た限りでは その表記が 変わっていましたが
それでも 水道水には 変わりないのでしょう。


現在ある 経済の仕組みを 組み立てた人たちは 植民地化とキリスト教
組み合わせたのち 民族を 分断することで 内戦を起こすことに 成功しました。
そして その集大成として アフリカで アパルトヘイトを行い 中東で テロリストを作り上げ それを盾に 石油を操作するための戦争を 正当化しています。
そして その延長に 水と種があり やがては 空気がその対象になるのでしょう。

仕事柄 あらゆる 職種の人と 関わるのですが、通常 為替市場に 左右されがちな
アメリカ大統領選挙の 今回の結果が それとは 全く 関わっていないことを セレブたちとの ミーティングで知った 私の クライアントは とても 驚いていました。
また ナショナル セキュリティーで 仕事をする 上部の人は 今回の結果、そして
大統領の 発言や行動について それが なんであれ 最終的には 共和党が オバマ時代の 民主党のすべての 政策を ひっくり替えすことが 目的であり それまでは 調子に乗りやすい 大統領をあやつりならが 最終的に 違法な部分の責任は すべて 大統領に負わせ 退任してもらう計画でいるということを 話していました。
確かに 為替市場の介入がなかったのは ロシアとの関係があったからと 思うことができるし そもそも この45代目大統領は もとが ビジネスマンであり ロシアは何年も前 シベリアに侵攻し たくさんの地下資源を手にすることができたので
その開発などには 世界中の トップ企業や 資産家が 新たなるビジネスチャンスとして 関わっていると考える方が 自然なのです。


話が 少し それてしまいましたが 水問題であれ エネルギー問題あれ ここ数年の間は これまで 隠れていた問題が どんどん表面化してくることでしょう。
嘘を つきとおすことはできないと 思っています。
これだけ 光の注ぐ世界に生きているのです。
時期によっては 闇が 光にさらされ その姿を 表すことだってあるでしょう。
諸行無常です。

短粒米は カリフォルニアで 栽培されたものを 購入していましたが つい最近
新潟で 栽培された 新米が スーパーに出ていたので それを炊きました。
艶が 違うのです。日本の米は 輝いています。
それを 見た時 これを 日本の水で 炊いたら もっと 輝いているのだろうと
思いました。
”日の出ずる国”と 表現されていた日本。
どうか 水や種に関する 法の改正が 人々の生活を 捻じ曲げるものにならない
ことを 祈っています。