読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moonandoceanhawaii’s blog

ゆらゆらと 波にゆられて 思うこと

Start with Rain

今朝は 雨から 始まりました。
ここ2週間ぐらいの間に 突然 冬の 肌寒い 気候から(ノースの冬は 冷えます)
日差しが 真夏の 強さに 代わり フリーウェイを 運転しているだけでも
日焼けができるほどだったので 今日の 曇りと雨の 天気は 優しく 感じます。

日の出前 ビーチ付近の 駐車場で 車から SUPボードを下ろしていると 
隣に停めた人が 山の方の天気を 気にして 話しかけてきました。だから "Don't worry, you'll gonna get wet anyway!"(心配しないで、どうせ 濡れるでしょ?)って 返して 私は 気にせず 海へ 向かいます。


人間って 本当に 心配性です。
心配がないと 自分で 心配事を 作り出して 心配したりしますね。
宇宙は 心配しなくて 大丈夫と いつも サインを 送ってくれているのですが 人間は それを 信用できない。うまくいくなんて 有り得ないと 思う気持ちが 大きいのかも しれません。それは うまくいったら うまくいってない人たちに 嫌に思われると言う 過剰な心配から 来ていることも 多々ありですね。

 

あなたが あなたの人生を 毎秒選択しながら 生きているのです。
周囲を気にして 自分を 相手の箱に 閉じ込めるのは 人生時間を 無駄にしています。あなたを あれこれ 評価する人が あなたの人生の責任を負ってくれるのか?というと 決してそうじゃないでしょ?
それなのに そういう他人を 意識する時間で 自分の人生時間を 削るのは 無駄なことです。

 

人生は 思うほど長くなく したくないことをする時間はありません。
一昨年、サーフィンの最中に 大怪我をして そのことを 身を以て 感じました。
回復後、海で 久しぶりに 友人に会ったとき "I think, god say not yet"(神様は まだその時じゃないって言ってる)と言った私に 友人は "No, god say catch more waves" (そうじゃないよ、神様は お前に もっと 波乗りしろって言ってる)って 泣けるような言葉を 返してくれました。

Start with rain.
人生、晴れの時ばかりじゃないけど だから 晴れてる日が ありがたく感じるし
また 雨の日も いいなと 思えるのです。
どちらも 生きるものたちには 栄養です。

f:id:moonandoceanhawaii:20170325095841j:plain

(雨が降ると 庭に集まる 野鳥たち)